今更人に聞けない注文住宅の真実を知っておこう

家のイメージを掴む

インテリア

コストダウンによる利点

京都の府民にとっての設計事務所の選ぶ基準には、満足できる、価値ある家をできるだけ安くという、建主共通の想いに応える事務所であるか否かでも図られています。一例には、家づくりに掛かる費用の8割は材料費と人件費と言われ、同じ床面積ならば平面プランが屋根や壁の面積が小さく、材料費も少なく済みます。京都の設計事務所では、設計するだけではなく、ムダを省くアイデアを設計に反映させる役割も担います。外壁や内装の壁や床などに統一感を持たせ、コストダウンさせながら、開放的な視野を広げた狭小地など、悪条件でも住み心地で満点できる家づくりが提案されています。設計事務所では、複雑なデザインの家は補強が必要であるなど、工事の手間まで考慮し、シンプルな箱型でも知恵を絞って質を落とさない工夫のプランニング力があります。その一例としては、将来のリフォームも想定し、使い方が限定され、建具のコスト増になる細かい仕切りより、仕切らないパブリックプランも提案してくれます。

図面から判断できる

一戸建て住宅の建設をはじめ、築年数などによるリフォーム時にも京都の設計事務所では、ラフプランとなる図面を起こし、イメージを掴みやすくしています。建主がチェックすべきものには、間取りやデザイン、各設備についての図面です。京都の設計事務所では、実績1つでそのまま施工されるため、イメージの齟齬があると建主の仕上がりとの違和感に繋がります。専門的で分かり難いため、質問をしながらでも疑問点や直しの伝えやすいコミュニケーションに配慮されているのも特徴です。設計事務所では、家族構成による暮らしの確認も行っています。生活の動線が見える図面を引き、生活に不便がないのか、長年の経験や培ったノウハウによって、ムダまでが見えるラフプランを提案する優良事務所も挙げられています。素人目にも、より多くの情報が読み取れる設計図を解説を交えながら提案するのも特徴です。